新田原エアフェスタ2014

今年は12月7日に開催されました。
航空自衛隊新田原基地エアフェスタの最大の見どころは、何と云っても、ここでしか見ることが出来ない飛行教導群の迫力あるフライトです。

通常、飛行教導群は戦闘機パイロットの操縦技能向上等をその主な任務の一つとしており、定期的に航空自衛隊の基地に所属している戦闘機部隊を巡回しています。
しかしながら、その活動実態は公開されることも少なく、彼等のフライト場面を間近に見る機会は殆ど無いのが実情です。是非、この新田原でしっかり見ておきましょう。

さて航空祭当日は快晴となり、ブルーインパルスを含めて、全てのフライトプログラムが予定通り行われ、大いに会場を沸かせました。

フライトプログラムは、飛行教導群所属のF-15×4、第23飛行隊のF-15×4、そして第301飛行隊のF-4EJ改×4による編隊でのフライバイを皮切りに(以下、順不同)、飛行展示が行われました。

第23飛行隊のF-15による機動飛行。
飛行教導群のF-15による機動飛行。
第301飛行隊のF-4EJ改による機動飛行。
新田原救難隊のU-125AとUH-60Jによる救難展示。
築城基地からのリモートで、第6飛行隊のF-2Aによる機動飛行。
米軍三沢基地から参加のF-16デモチームによるデモフライト。
がプログラム通り実施されました。

なお、午前中に早い時間には、エプロンの中央付近において、ブルーインパルスのクルーによるサイン会が行われていました。せっかくなので、少し質問をさせていただきました。

【5番機 澤村1等空尉】

「何が大変ですか?」
●『隊形は訓練すればいいが、気象条件等(風、雲)に絡むものは対処が大変。太陽光の位置等で隊形が中止、変更になったりする。瞬時の状況判断が大切です。』

「任期は?」
●『3年です。』

「皆さんの飛行時間は何時間位ですか?」
●『3万時間で、多い人だと5万時間の人もいます。』

皆さんも、ブルーインパルスのクルーを見かけたら、遠慮せずに話しかけてみてください。きっと、思い出に残る触れ合いになると思いますよ。

さて、フライトプログラムの最後は、ブルーインパルスによる飛行展示です。エプロンを埋め尽くした大勢の来場者が大歓声を挙げていました。

一方、地上展示は以下の通りでした。
航空自衛隊
・飛行教導群のF-15DJ
・第23飛行隊のF-15DJ
・第301飛行隊のF-4EJ改
・第501飛行隊のRF-4E
・第6飛行隊のF-2B
・T-4は、第301飛行隊、飛行教導群、第11飛行隊、第13飛行教育団の各部隊から参加。
・第12飛行教育団のT-7
・第41教育飛行隊のT-400
・中空司令部のU-4
・飛行点検隊のU-125
・新田原救難隊のU-125AとUH-60J
・第403飛行隊のC-1
・第401飛行隊のC-130H
・春日ヘリ空輸隊のCH-47J

海上自衛隊
・第1航空隊のP-3C
・第211教育飛行隊のUH-60K

陸上自衛隊
・第3対戦車ヘリ隊のAH-1S
・西部方面ヘリ隊のOH-1とUH60JA

アメリカ空軍
・三沢基地、13TH FIGHTER SQの
F-16CM
(CRAZY KATO)

新田原2014_01

新田原2014_02

新田原2014_03

新田原2014_04

 

ネリス・アビエーション・ネーション2014

アメリカ、ネバダ州ネリス空軍基地において、11月8日(土)と9日(日)の2日間に開催されました。

今年の注目は、何と云っても「F-35A ライトニング ㈼」の初参加です。
現在、航空自衛隊に配備されている「F-15J イーグル」の後継機として、導入が決定している第5世代の新型戦闘機です。予定では、平成29年度中に三沢基地に配備される見通しです。

さて、今年のネリスですが、フライトプログラムでは、例年通り第二次大戦機や朝鮮戦争時代のオールドタイマーのフライトや、ネリス空軍基地所属機による空対空デモ、空対地デモ、捜索救難デモ等が実施されました。
そして、サンダーバーズによるパフォーマンスで、エアショーシーズンの最後を締めました。

Flying Demonstration
・Legacy Bomber with a B-25 Mitchell,
AT-6 Texan and C-45 Expeditor.
・CJ-6 Yak.
・Zero.
・Korean Conflict Reenactment with
MiG-15,T-33 Shooting Star,2×P-51
Mustangs,F4U Corsair,F8F Bearcat,
T-6 Texan.
・F-86 Sabre.
・L-39 Albatross.
・Air to Air Demonstration with 2×F-15E
Eagles,2×F-16 Fighting Falcons.
・Air to Ground Demonstration with A-10
Thunderbolt,F-15E Eagles,HH-60 Pave
Hawk,and ground forces.
・F-22 Raptor demonstration.
・Heritage Flight F-22 Raptor,3×F-86
Sabre.
・Thunderbirds performance.

まず、オープニングフライトで、国家斉唱に合わせて、F-22AとF-35Aがフライト。
F-35Aのフライトはこれだけでしたが、今回最も注目されたことは間違いないでしょう。
なお、F-22AとF-35Aは、それぞれ別の機体が地上展示されていました。

続けてのフライトは、第二次大戦機と朝鮮戦争時代のジェット戦闘機です。B-25、P-51 ムスタング、F4Uコルセア、そして零戦。
また、ミグ15、航空自衛隊でも活躍したF-86セイバーなど、普通ならば博物館行きの古い機体が、元気に飛び回ります。これぞアメリカのエアショーですね。会場を大いに盛り上げていました。

そして空対空デモでは、敵役になった「64th Aggressor Squadron」所属のF-16をF-15Eがアフターバーナー全開でチェイス、迫力満点のフライトを披露しました。

F-22A ラプターデモチームのフライトは、観るたびに新たな驚きを発見します。とてもアフターバーナー全開でフライトしている戦闘機とは思えない、様々な機動を行います。その一つ一つが感動的です。何回観ても飽きることのないデモフライトです。

さあ、最後はサンダーバーズのパフォーマンスです。相変わらずのエキサイティングなフライトで我々を魅了してくれました。
ここネリス空軍基地は、サンダーバーズのホームベースです。今回のフライトが今シーズンのラストになります。

(CRAZY KATO)

ネリス2014_01

ネリス2014_02

ネリス2014_03

ネリス2014_04

ネリス2014_05

ネリス2014_06

ネリス2014_07

ネリス2014_08

ネリス2014_09

ネリス2014_10

ネリス2014_11

ネリス2014_12

ネリス2014_13

ネリス2014_14

ネリス2014_15

ネリス2014_16

ネリス2014_17

ネリス2014_18

ネリス2014_19

ネリス2014_20

入間基地航空祭2014

例年どおり、今年も11月3日「文化の日」に開催されました。
航空自衛隊入間基地は、都心から近い事もあり、気軽に電車で来ることが出来ます。
航空祭当日は、当初の天気予報では雨となっていましたが、幸いにも早朝には雨の気配も無くなり、絶好の航空祭日和となりました。
今年は、昨年より3万人ほど少ない29万人の来場者(主催者発表)で賑わいました。

フライトプログラムは、入間基地所属の中空司令部支援航空隊第T-4によるフライバイを皮切りに(以下、順不同)、飛行点検隊のYS-11FCと
U-125、第402飛行隊のC-1とU-4、入間ヘリ空輸隊のCH-47J、百里救難隊のUH-60JとU-125。そして、ベテランパイロットによるT-4の飛行展示が行われました。
午後からは、ブルーインパルスによる飛行展示が行われ、エプロンを埋め尽くした大勢の来場者が大歓声を挙げていました。

一方、地上展示は、
航空自衛隊のF-2A(第3飛行隊)、F-15J(第303飛行隊)の戦闘機を始めとして、T-4、T-7、T-400、C-1、C-130H、
YF-11FC、U-4、U-125、U-125A、UH-60J、CH-47J。

海上自衛隊のP-3C、SH-60K。

陸上自衛隊のAH-1S、OH-1、OH-6D等が展示されていました。

(CRAZY KATO)

エア・フェスタ浜松2014

今年の開催は、9月28日の(日)となりました。終日快晴で、航空祭には最高の一日となりました。
来場者も主催者発表で10万人を超え、非常に多くのファンが足を運びました。

地上展示では、第1術科学校のF-2A、F-15Jを始め、数多くの機体が展示されていました。

【航空自衛隊】
・RF-4EJ   第501飛行隊
・T-4   第31教育飛行隊
・T-4   第32教育飛行隊
・T-7   第11飛行教育団
・T-400   第41教育飛行隊
・C-1  第402飛行隊
・U-4  第402飛行隊
・E-2C   第601飛行隊
・E-767   第602飛行隊
・U-125A   浜松救難隊
・UH-60J   浜松救難隊

【陸上自衛隊】
・AH-64D   航空学校
・OH-1   航空学校
・UH-1J   航空学校

【海上自衛隊】
P-1   51航空隊

特に、海上自衛隊厚木航空基地所属、第51航空隊のP-1にはたくさんのファンが集まっていました。

飛行展示は、浜松基地所属の第1航空団のT-4×4機によるオープニングフライトで始まりました。(以下、順不同)
警戒航空隊第602飛行隊のE-767、第1輸送航空隊のC-130H、KC-767の大型機の迫力あるフライトは他の航空祭ではなかなか見る事が出来ないプログラムです。

同じ静岡県の焼津市にある静浜基地からはT-7が飛来し、地味ながらも高い操縦技術の一旦を見せてくれました。

浜松救難隊のU-125とUH-60Jによる救難展示、また、昨年は天候不良で中止となったT-4×13機での大編隊飛行も行われました。

戦闘機では、岐阜基地所属の飛行開発実験団のF-4EJ改とF-2A、小松基地所属の第306飛行隊のF-15Jが飛来して、それぞれ機動飛行を行いました。
また、陸上自衛隊のAH-64DとOH-1も機動飛行を行いました。

フライトプログラムの最後は、ブルーインパルスが第1区分を実施、来場者に大きな感動を与えてくれました。

エア・フェスタ浜松2014_1

エア・フェスタ浜松2014_2

エア・フェスタ浜松2014_3

(CRAZY KATO)

横田基地友好祭2014

今年は、9月6日(土)と7日(日)の両日に開催されました。
昨年は、強制歳出削減の影響で開催が中止されたため、2年ぶりの開催となりました。

あいにく天候には恵まれず、また、航空自衛隊三沢基地航空祭が7日(日)の開
催となっていたことも影響したのでしょうか、2日間での延べ 来場者は14万
8千人(主催者発表)を記録しました。

今年の目玉は、アメリカ海兵隊所属のMV-22Bオスプレイ、“VMM-265,Dragons”です。
いま話題の機体を一目見る為に、開門当初から長蛇の列が出来ていました。

yokota2014_01

yokota2014_2

(CRAZY KATO)

静浜基地航空祭2014

今年は、5月25日(日)に開催されました。
朝から曇り空という、あいにくの天候でしたが、予定されていたプログラム通りに実施されました。

今年の航空祭は、航空自衛隊創設60周年と静浜基地開設70周年が重なり、記念すべき航空祭となりました。残念ながら、ブルーインパルスの参加はありませんでしたが、約3万1千人(基地広報発表、14時現在)の来場者で賑わいました。

フライトプログラムは、静浜基地所属の第11飛行教育団T-7によるフライバイを皮切りに、午前中は浜松基地所属の第1航空団T-4、百里基地所属の第501飛行隊RF-4E、小牧基地所属の第401飛行隊C-130H、浜松救難隊のUH-60J、岐阜基地所属の飛行開発実験団F-2Aと続きました。
そして、午前の締めはT-7による機動飛行でした。

午後は、静岡県警察航空隊所属のヘリコプター、AS365Nのデモフライト。11機のT-7による大編隊飛行が行われました。
最後は、小松基地所属の第306飛行隊F-15Jの機動飛行でした。

静浜基地の教官パイロットは、長年、戦闘機のパイロットを務めた強者ばかりです。T-7を自分の手足の如く操る姿は必見です。

静浜基地航空祭2014

静浜基地航空祭2014

静浜基地航空祭2014

(CRAZY KATO)