令和元年 航空祭 in KOMATSU《番外編:日本酒・白岳仙》

「令和元年 航空祭 in KOMATSU」の前日、9月15日(日)午前中に小松空港に到着。
さあ、今回も近隣の酒蔵巡りをしたいと思います。
目指すは、福井県 福井市安原町7-4、安本酒造(やすもとしゅぞう)。
最近、「白岳仙」(はくがくせん)が人気の酒蔵です。

小松空港から北陸自動車道で福井市に入り、一般道を走って約1時間ほどで「安本酒造」に着きました。
戦国武将である朝倉氏が統治していた時代の遺跡(一乗谷朝倉氏遺跡)がすぐ近くにあります。

今日は日曜日なので、恐らく休業日だろうと思いながら来ましたが、運良く酒蔵に併設されている販売所が開いており、中に入ると、先代社長の奥様がいらっしゃいました。
お土産にするお酒を選びながら、色々とお話しをしていただきました。

「蔵は嘉永六年(1853年)に創業ですが、安本家そのものは鎌倉時代から続いています。
食べながら飲む、または飲みながら食事の出来る食中酒を目指しています。
蔵内の井戸から白山水系の伏流水を汲み上げて仕込んでいます。
年間の生産量はごくわずかでして、500石という小さな蔵ですが、全ての工程で袋搾りを行い酒造りをしています。」

随分と年季の入った建物ですね…とお尋ねすると、

「1889年(明治22年)建築の店舗兼主屋をはじめ、米蔵、土蔵、仕込蔵など明治中期から昭和戦前期にかけて建築された10棟が、国の登録有形文化財に登録されているんですよ。」

今日は日曜日なのに、お休みではないのですか…

「実は、今日から仕込みが始まったので、こちらも開けたんですよ…」とのこと。

そんなお話しをしながら、お土産に選んだ銘柄は「純米吟醸 奥越五百万石 白岳仙」、「特別純米 冷卸 白岳仙」、そして「Slightly Sparkling」の3本です。
たまたま開いていた販売所で、しかも地元でしか購入出来ない銘柄が入手出来てラッキーでした。

突然お伺いしたにもかかわらず、大変丁寧な対応をしていただき、ありがとうございました。

お薦めのお酒を抱えて、蔵を後にしました。

(CRAZY KATO)

 

 

 

《速報》令和元年 航空祭 in KOMATSU

今年は、9月16日(月・祝)に開催されました。
今回もシャトルバス運行前の早朝から多くの人が各ゲートに大行列を作り、当初の開門予定よりも1時間前倒しした6時45分に開門されました。
天気も快晴で、絶好の航空祭日和となりました。
また今回の航空祭は、「ブルーインパルス、米軍F-16、そして陸上自衛隊の戦車・榴弾砲が揃った、他の基地では見られない航空祭となった」(基地広報担当者)とのことです。

エプロンに面した3つの格納庫では、それぞれ工夫を凝らしたイベントが催され、大いに賑わっていました。
一方、飛行展示では今年も千歳基地、松島基地、三沢基地の航空祭に参加している「F-16デモチーム」が機体性能をフルに引き出したパフォーマンスを披露し、来場者の喝采を浴びていました。
また、陸上自衛隊、第10師団所属の74式戦車、155ミリ榴弾砲FH-70は、それぞれ空砲を発砲。航空自衛隊の航空祭では見ることが出来ない貴重な訓練展示でした。

そして、ブルーインパルスは、今年度の航空祭では初めて6機によるフライトとなりました。
テイクオフ後、第1区分でスタートしましたが、途中から基地周辺を低い雲が覆ったため第4区分に変更されました。
ともあれ、千歳基地航空祭では2機。松島基地航空祭では3機。
そして、三沢基地航空祭では4機でのフライトに終わったことに比べれば、6機でのフライトが実施出来たことは大変嬉しいことです。

「T-4」は、今年4月にエンジントラブルが発覚した関係で、防衛省が航空自衛隊が保有する全ての「T-4」に対して、不具合を修正するまで飛行停止にしたことを発表。
また、ブルーインパルスについても当面の間、飛行中止が発表されていました。
エンジンの修正が終了し、6機での訓練を経たのち、この「令和元年 航空祭 in KOMATSU」で完全に復活するに至りました。

以下、フライトなどは事前に発表されたプログラム通りに順調に進められました。

08:05~08:20
・オープニングフライト…F-15J×4機。(第303飛行隊、2機+第306飛行隊、2機)

08:45~09:00
・機動飛行…F-15J×2機。(第303飛行隊)

09:05~09:20
・機動飛行展示…F-16CJ×1機。(PACAF Viper Demo Team)

09:35~09:55
・救難展示…U-125A×1機、UH-60J×1機。(小松救難隊)

10:00~10:50
・飛行教導群機動飛行&大編隊飛行…F-15DJ×2機。
(飛行教導群)& F15J×2機、F-15DJ×1機。(第303飛行隊)+ F15J×2機、F-15DJ×1機。(第306飛行隊)

10:50~11:00
・陸自訓練展示…74式戦車×1台、155ミリ榴弾砲FH-70×1門(陸上自衛隊、第10師団所属)

11:00~11:15
・飛行展示、VADS模擬対空射撃…F-4E×1機、F-2A×1機。(岐阜基地、飛行開発実験団)

12:00~12:15
・グライダー…1機。(日本学生航空連盟)

12:35~13:40
・ブルーインパルス…T-4×6機。(松島基地 第4航空団)

地上展示機は、
航空自衛隊のF-4EJ、RF-4、F-15J、F-2Aなどの戦闘機を始め、U-4、C-2など様々な航空機やヘリコプターを展示。
また米軍からF-16CJが展示されました。

ちなみに、来場者は約12万9千人(航空自衛隊小松基地発表)とのことでした。

(CRAZY KATO)

 

 

三沢基地航空祭2019《番外編:日本酒・田酒》

三沢基地航空祭の前日、9月7日(土)午前中に青森空港に到着。

さあ、今回も近隣の酒蔵巡りをしたいと思います。

目指すは、青森県青森市油川字大浜46、西田酒造店(にしだしゅぞうてん)。

もう説明不要と言っても良いくらい「田酒」で有名な酒蔵です。

「田酒」のほかに、「喜久泉」、「外ヶ濱」といった銘柄もあります。

青森市内の中心から北西方向に県道を車で走ると、ほどなく「西田酒造店」に着きました。

残念ながら、蔵は土曜、日曜、祝日は休みでした。

なお、酒類の小売販売ならびに蔵見学も実施しておりません。

(公式HP http://www.densyu.co.jp/ 参照)

(CRAZY KATO)

 

 

 

《速報》三沢基地航空祭2019

今年は、9月8日(日)に開催されました。
今回は、シャトルバスの運行が中止されたことも重なり、早朝から多くの人が各ゲートに大行列を作り、午前8時の開門を待ちました。
予定より30分ほど早く開門されましたが、各入場門での荷物検査もあり、ブルーインパルスの開始時間近くになっても行列は解消されていないようでした。
早朝に基地周辺を覆っていた濃霧も、時間の経過とともに徐々に晴れて行き、8時半頃にはほぼ晴れました。

しかし残念ながら、その濃霧の影響で2機のF-35Aを含むオープニングフライトが中止となりました。

以下、午前中は事前に発表されたプログラムを一部変更して進められました。

09:00~09:20
・オープニング滑走…航空自衛隊からF-2A×1機、F-35A×1機。
米空軍からF-16CJ×1機、A-10C×1機。そして米海軍からEA-18G×1機。

09:45~09:55
・機動飛行展示…F-2A×2機。(第3飛行隊)

10:05~10:20
・機動飛行展示…F-16CJ×1機。〈1回目〉(PACAF Viper Demo Team)

10:25~10:55
・デモスクランブル展示~模擬空対地射爆撃展示…F-2A×2機(第3飛行隊)、20mm対空機関砲(VADS-1(改))

12:25~13:30
・ブルーインパルス…T-4×4機。
〈1番機、4番機、5番機、6番機〉(松島基地 第4航空団)

13:45~14:05
・機動飛行展示…F-16CJ×1機。〈2回目〉(PACAF Viper Demo Team)

14:10~14:30
・機動飛行展示…CV-22B×1機。(米軍横田基地 第21特殊作戦中隊)

一方、地上展示機は、
航空自衛隊のF-4EJ改、F-15J、F-2A、F-35Aなどの戦闘機を始め、保有する様々な航空機やヘリコプターを展示。
また米軍は、F-16CJ、EA-18G、A-10C、P-8Aなどが展示されました。

ちなみに、来場者は約9万5千人(航空自衛隊三沢基地発表)とのことでした。

(CRAZY KATO)

 

 

「静浜基地航空祭2019」《番外編:日本酒・磯自慢》

さて、酒蔵巡りを続けたいと思います。

次に目指すのは、静浜基地航空祭の番外編では毎度お馴染みの磯自慢酒造(いそじまんしゅぞう)です。
静浜基地航空祭に来た以上、立ち寄らない訳にはいきません。

静浜基地と同じ焼津市内にある当蔵は、静岡県焼津市で1830年創業の老舗酒蔵です。

2010年にロンドンにて開催された『インターナショナル・ワインチャレンジ』のSAKE部門において、初出品ながら「純米酒の部」「純米吟醸酒・純米大吟醸酒の部」の2部門でゴールドメダルを受賞する快挙を達成しました。
その後もこの大会に毎年出品を続けてメダルを受賞しており、「愛情をこめて謙虚な姿勢で一生懸命醸してまいりたい…」との当蔵の思いが、ここにも現れているようです。

<近年の受賞歴>
・2019年silver「磯自慢 大吟醸純米 50」
・2019年bronze「磯自慢 純米大吟醸 50」
・2018年silver「磯自慢 純米大吟醸 40」
・2018年bronze「磯自慢 純米大吟醸 50」

あいにく数年前から土曜日が休業日となり、併設されている直売店ではお酒を買うことが出来なくなりました。
やむなく近隣の酒屋さんを巡り、新酒の時期限定の人気商品である「別撰 磯自慢」を購入しました。

最近は、自宅に居ながら全国の銘酒を簡単に取り寄せる事ができる大変便利な世の中になりました。
せっかく航空祭で訪れている地元の酒蔵や酒屋に自ら足を運んで探し、巡り会える「お酒」との出会いを大切にして行きたいと思います。

(CRAZY KATO)

 

 

 

 

「静浜基地航空祭2019」《番外編:日本酒・英君》

静浜基地航空祭の前日、5月18日(土)午前中に静岡駅に到着。
さあ、今回も近隣の酒蔵巡りをしたいと思います。目指すは、静岡県静岡市清水区由比入山2152、英君酒造(えいくんしゅぞう)。

2017年のIWCにおいて受賞を果たし、近年人気上昇中の「英君」で有名な酒蔵です。
・2017年、silver「純米吟醸 紫の英君」
・2017年、bronze「純米吟醸 橙の英君」
・2017年、bronze「大吟醸 英君」

旧国道1号線から由比川沿いの県道を車で少し走ると、間も無く「英君酒造」に着きました。

随分と山の中にあるんだなあと思いながら酒蔵に併設されている販売所に入ると、先代社長の奥様がいらっしゃいました。
お土産にするお酒を選びながら、色々とお話しをしていただきました。

「うちの蔵は明治14年(1881年)に創業ですが、初代が少し離れた山の中に良水が湧出しているのを見つけて、その山ごと買い取ったんです。この地に蔵を構えて約140年になりますね。今もそこから仕込み水を引き込んでいますが、いい軟水なんです。」

2017年のIWCの受賞についてお聞きすると…。

「うちの蔵は少人数で酒造りをしています。現社長が、全ての製品を優しい味と香りで、飲み飽きしない『食中酒』でありたいとの強い思いを持って仕込んでいます。そんな「英君」の酒の品質が高い評価を受けたものと思います。」

そんなお話しをしながら、2017年、silver「純米吟醸 紫の英君」の認定証を拝見しました。
また、家の奥から2017年、bronze「純米吟醸 橙の英君」と2017年、bronze「大吟醸 英君」の認定証もわざわざ出していただきました。

突然お伺いしたにもかかわらず、大変丁寧な対応をしていただき、ありがとうございました。

お薦めのお酒を抱えて、蔵を後にしました。

「どんな食事にも自然と馴染む、そんな食中酒でありたい。」

(公式HP https://eikun.co.jp/ 参照)

(CRAZY KATO)

 

 

 

 

《速報》静浜基地航空祭2019

今年は、5月19日(日)に開催されました。

早朝は空一面を覆っていた雲も、時間が経つにつれ晴れ間が増えて行き、開門時間には晴れました。
しかしながら、午前中にまた雲が広がって急に雨が降ったりと不安定でしたが、午後からは一転、快晴になりました。

昨年、その一部が招待来場者などの駐車場になっていたグランドが、今回は全て売店エリアに変更され、家族連れを中心に大いに賑わっていました。
また、格納庫内の特設ステージでは、茶果菜(JA大井川農産物PRユニット)、藤枝明誠中学校・高等学校チアリーディング部Daisies及び夢音踊(ドリームネオ)がパフォーマンスを披露して、大きな拍手を受けていました。

午前8時にエプロンエリアが解放されましたが、今年の外来機は入間基地所属のCH-47J×1機と、航空救難団所属のUH-60J×1機だけでした。
フライトはT-7のオープニングフライトを皮切りに、9時00分に開始。一部、プログラムを変更して実施されました。

09:00~09:15
・T-7×2機によるオープニングフライト

09:20~09:30
・RF-4E(百里基地所属)×2機、機動飛行

09:35~09:45
・F-4EJ改(百里基地所属)×1機、機動飛行

09:50~10:10
・KC-767(小牧基地所属)×1機、航過飛行

10:15~10:25
・U-125×1機、UH-60J×1機(航空救難団所属)、救難展示

10:30~10:40
・静岡県警察航空隊ヘリコプター×1機

11:00~11:20
・T-7×2機、機動飛行

13:20~14:00
・T-7×10機、多数機展示飛行

14:10~14:25
・F-15J(岐阜基地所属)×1機、機動飛行

14:30~14:45
・F-2B(岐阜基地所属)×1機、機動飛行

なお、来場者数は約2万人でした。

(CRAZY KATO)

 

 

 

 

 

新田原エアフェスタ 2018 《番外編:焼酎・月の中》

新田原エアフェスタの前日、12月1日(土)午前中に宮崎空港に到着しました。

早速、近隣の酒蔵巡りをしたいと思います。

今回目指すは、宮崎県西都市大字下三財7945、岩倉酒造場(いわくらしゅぞうじょう)。

当蔵を代表する銘柄である芋焼酎の『月の中』は、月中というこの地名に由来しています。

蔵に着いたら、偶然にも四代目当主の岩倉幸雄氏がおられ、色々とお話しを伺うことが出来ました。

「創業は明治23年、今から100年以上も前になります。今は主に家族四人で焼酎造りを行っていますが、若い者が中心で、私はただ観ているだけですよ。ちょうど今年の仕込みが全て終わり、ひと息ついているところ…」とのこと。

「うちの蔵は製造量に限りがあるので、量ではなく質を大事に焼酎を造っています。そんな思いも伝えながら『心が通じる販売がしたい』という方針で現在もやっています。」

そんなお話しを聞きながら、ふと事務所の壁に目を向けると往年の前掛が掛けられており、当主の強い思いが染み込んでいるように感じられて、とても印象的でした。

短い時間でしたが、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

(CRAZY KATO)

 

 

 

 

 

 

 

新田原エアフェスタ2018 《番外編:PACAF Viper Demo Team》

今年も“PACAF Viper Demo Team”が新田原エアフェスタに参加しました。

“PACAF Viper Demo Team”とは、米軍三沢基地を本拠地とするアメリカ太平洋空軍に所属する、第35戦闘航空団の1つである第14戦闘飛行隊に割り当てられており、F-16ファイティング・ファルコンによるデモンストレーション・フライトを専門とするチームです。

残念ながら、今年の新田原エアフェスタは朝から厚い雲が広がり始め、10時前から小雨が降り出すという生憎の天気となりました。

しかしながら、そんな天候の中でも“PACAF Viper Demo Team”は、F-16の圧倒的なパワーと機動性能を見せつけて、来場者の喝采を浴びていました。

(CRAZY KATO)

 

 

 

《速報》新田原エアフェスタ 2018

平成最後の航空祭は、12月2日(日)に開催されました。

今回は、基地所属各種戦闘機などによる飛行展示。
陸海空自衛隊機・戦闘機等の装備品の地上展示。米軍機による曲技飛行展示。
ブルーインパルスによる曲技飛行展示。
花自動車など各種アトラクションや多数の売店出店などがプログラムされ、天候には恵まれせんでしたが来場者約5万1千500人(主催者発表)で賑わいました。

飛行展示は、以下の通り。

新田原基地所属全飛行部隊のオープニングフライトに始まり、捜索・救難展示と機動飛行展示などを実施。
また、築城基地、第8航空団所属のF-2Aによる機動飛行。
百里基地、偵察航空隊のRF-4Eによる訓練飛行。
そして、米空軍三沢基地所属、「PACAF Viper Demo Team」による曲技飛行展示が実施されました。
しかし、残念ながら陸上自衛隊第1空挺団による空挺降下とブルーインパルスは天候悪化により中止されました。

〈飛行展示プログラム〉

・08:30~08:55 オープニング
新田原基地全飛行隊による航過飛行
UH-60J×1機、U-125A×1機、T-4×3機、F-15×6機(第305飛行隊、F-15J×3機。飛行教育航空隊、第23飛行隊、F-15DJ×2機+F-15J×1機)。

・09:00~09:15 航空救難
新田原救難隊による捜索・救難展示
UH-60J×1機、U-125A×1機。

・09:25~09:40 教育
飛行教育航空隊、第23飛行隊による飛行教育展示(訓練飛行等)
F-15DJ×2機。

※飛行展示終了後に雨が降り始める。

・09:50~10:10 空挺
陸上自衛隊第1空挺団による空挺降下
C-1×1機。(入間基地所属の第2輸送航空隊、記念塗装機)

※天候悪化のため空挺降下は中止、C-1のフライパスのみ実施。

・10:20~10:35 航空作戦
第5航空団、第305飛行隊による防空展示(機動飛行等)
F-15J×2機。

・10:45~11:00 航空作戦
第8航空団による防空展示(機動飛行等)
F-2A×1機。(築城基地所属、第6飛行隊の記念塗装機)

・11:10~11:25 航空作戦
偵察航空隊による飛行展示(訓練飛行等)
RF-4E×1機。(百里基地所属、第501飛行隊の洋上迷彩塗装機)

・13:00~13:20 アクロバット
米空軍機による曲技飛行展示
F-16×1機。(米空軍三沢基地所属、PACAF Viper Demo Team)

・13:55~14:05 ブルーインパルス
※急に雨足が強くなり、天候悪化のためフライトが中止となりタキシングのみ実施。
なぜか、終了後に雨は止みました。

(CRAZY KATO)