静浜基地航空祭2018

今年は「基地開庁60周年、焼津市・大井川町合併10周年」の記念航空祭として5月20日に開催されました。

特に、今回は近隣地域への感謝をこめて地元の特産物を販売するエリアなども増設しました。
正午近くには、航空自衛隊の定番料理「空自空上げ(からあげ)」が来場者にふるまわれ、
地元食材の「鰹節」味と「桜えび」味の「空上げ」を楽しんでいました。

ここで「空自空上げ」の説明です。

航空自衛隊では、隊員の「食」に対する意識と関心の向上、生活習慣病の予防、及び改善、
健康の増進のため、平成27年度から「航空自衛隊食育の日」を設け、食育の推進に取り組んでいます。

その中で「全国の各基地等で入手可能」「比較的安価な食材」「大量調理が可能」「隊員の嗜好に合致」していることから「航空自衛隊全体でより上を目指す(向上心)」という意味を込めた「空上げ(からあげ)」を航空自衛隊の定番料理(食文化)として採用しました。
平成30年度から正式に全国の航空自衛隊の基地、及び分屯基地の統一献立として、「空上げ」が月末の最終金曜日に「空自空上げの日」として提供されることになりました。

ここ静浜基地の「空上げ」コンセプトは、
・60年間の地元からの基地への支援に対する感謝の意を込めて、地元の食材を活かした「空上げ(からあげ)」を通じて「空自空上げ」のコンセプトである「より上を目指す」。
・「静浜空上げ」のレシピを地元の皆様へ提供し、自由にアレンジ、普及して頂き、焼津の名物となるように地元に貢献したい。
・静浜基地に勤務する隊員に地元食材を通じて「食」に対する意識と関心を高め、地元との繋がりを再認識させる。

基地では、平成29年4月から地元食材を取り入れた唐揚げの研究を開始、試行錯誤の結果、焼津市特産の「かつお節」・「桜えび」の2種に決定しました。
なお、レシピは静浜基地HP上で紹介しています。

さて、航空祭ですが…。
午前8時開門、10時にエプロンエリアを開場しました。
開門時は、空一面を暗くて低い雲が覆っていましたが、フライトプログラムが開始される頃には天候も回復して、青空が見えるようになりました。

フライトは、10時45分からプログラム通りに進みました。

・10:45~10:55
F-15J×2機(小松基地所属)による編隊航過飛行…3回フライパス。

・11:05~11:10
KC-767×1機(小牧基地所属)による航過飛行…2回フライパス。

・11:20~11:25
RF-4×2機(百里基地所属)による航過飛行…1回フライパス。

・11:40~11:55
T-4×2機(浜松基地所属)による展示飛行。

・12:00~12:15
F-2×1機(岐阜基地所属)による展示飛行。

・12:20~12:30
県警ヘリによる機動飛行。

・12:35~13:05
T-7×7機による多数機編隊航過飛行…2回フライパス。

・13:10~13:40
T-4ブルーインパルス…静岡空港のトラフィックにより、演目を減らして実施。

一方、地上展示 は以下の5機種でした。

・小牧基地所属のUH-60、及びU-125

・入間基地所属のCH-47

・明野駐屯地所属のUH-1

・海上自衛隊館山基地所属のSH-60

なお、来場者は約3万人でした。

(CRAZY KATO)

静浜基地航空祭 2018_1

静浜基地航空祭 2018_2

静浜基地航空祭 2018_3

静浜基地航空祭 2018_4

写真提供:第11飛行教育団 司令部総務部渉外室広報係(上記写真4点)

静浜基地航空祭 2018_5

静浜基地航空祭 2018_6

Photo:CRAZY KATO

 

静浜基地航空祭2018《番外編:日本酒》

静浜基地航空祭の前日である5月19日(土)、午前中に静岡駅に到着。

早速、「磯自慢」の銘柄で大人気の磯自慢酒造さんに向かいました。
当蔵は、静岡県焼津市で1830年創業の老舗酒蔵です。

あいにく、本日は休業日で直売店では買うことが出来ませんでした。
やむなく、近隣の酒屋さんを巡り「磯自慢 別撰」を購入しました。

「この銘柄は、一回火入れしてあるフレッシュな日本酒で、新酒の時期限定の人気商品です。
磯自慢酒造では本醸造であっても、その酒造りの手間や手順は吟醸造りと同じです。
原料となる酒米も、兵庫特A米産地・東条産の特等山田錦を100%使用、麹米・掛米とも60%まで磨き上げています。
低温でゆっくり丁寧に仕込んだ、優しくフレッシュな香味。」(磯自慢酒造のホームページから)

都内の酒販店さんでも入手は可能とは思いますが、全てのラインナップが都内に来るとは限らないようで、地元限定流通の商品もあります。
そんな日本酒が入手出来ると、嬉しいですね。

(CRAZY KATO)

静浜基地航空祭2018《番外編:日本酒》1

静浜基地航空祭2018《番外編:日本酒》_2

静浜基地航空祭2018《番外編:日本酒》_3

 

 

 

《速報》三沢基地航空祭2017

今年は、9月10日(日)に開催されました。
早朝から多くの人が各ゲートに行列を作り、午前7時の開門を待ちました。
しかしながら、開門して間も無く激しい雷雨に見舞われ、一時退避することになりました。

午前9時、三沢基地司令 鮫島 建一 空将補による航空祭の開催宣言により開始。
以下、午前中は雨模様のなか事前に発表されたプログラムを一部変更して進められました。

・0900~0915
オープニング飛行…自衛隊からF-2×3機、
米軍からF-16×2機。
そして、自衛隊からF-2×1機が離陸。

・0950~1010
模擬空対地攻撃、空砲射撃…F-2×2機、20mm対空機関砲(VADS-Ⅰ(改))

・1040~1050
航過飛行展示…F-15×2機
第2航空団(千歳基地)所属

・1100~1120
機動飛行展示…F-16×1機

午後からは天候も回復し、青空が広がりました。
秋田救難隊(秋田分屯基地)所属のU-125A及びUH-60J救難ヘリコプターによる、
飛行救難展示。
そして、第4航空団(松島基地)所属のT-4ブルーインパルスの6機が華麗なアクロバット飛行を行いました。

一方、地上展示機は、
各自衛隊は、保有する様々な航空機を展示。
米軍は、いま最も注目されているF-35B×2機や、B-1B×1機等が展示されました。

ちなみに、来場者は約9万人とのことでした。

(CRAZY KATO)

三沢基地航空祭2017_1

三沢基地航空祭2017_2

三沢基地航空祭2017_3

三沢基地航空祭2017_4

三沢基地航空祭2017_5

三沢基地航空祭2017_6

三沢基地航空祭2017_7

三沢基地航空祭2017_8

三沢基地航空祭2017_9

三沢基地航空祭2017_10

三沢基地航空祭2017_11

三沢基地航空祭2017_12三沢基地航空祭2017_13

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《速報》「新田原エアフェスタ2016」

今年は、12月4日(日)に開催されました。
今年度、航空自衛隊は南西方面に増加している脅威への対処の一貫として、戦闘機部隊の移動を実施していますが、ここ新田原基地の所属部隊も移動対象となりました。

百里基地からF-15Jを有する第305飛行隊の新田原基地への移動が8月31日迄に完了。
そして、新田原基地に所属していたF-4EJ改を有する第301飛行隊は、11月迄に百里基地への里帰り移動を完了しています。

当日は早朝から雨が降っていましたが途中から小降りになり、フライトプログラム通りに進みました。

U-125AとUH-60Jによる新田原救難隊の捜索救難展示は、日頃の厳しい訓練の成果を披露しました。

第23飛行教育航空隊と第305飛行隊のF-15Jは、天候の影響もありアフターバーナーが目視出来る迫力満点のフライトでした。

築城基地からのリモートによるF-2Aは、その特性を十分に発揮するフライトでした。

第501偵察飛行隊のRF-4による戦術偵察飛行は、戦闘機とは全く異質なフライトを披露し、正に「偵察飛行」を見せてくれました。

PACAF F-16デモチームによる曲技飛行は、天候の影響で水平系のプログラムになりましたが、それでもハイスピードパスを始め圧巻のパフォーマンスを披露しました。

ブルーインパルスの演技が開始される頃には、一時的に太陽も顔を見せるほどに天候が快復し、第1区分を実施しました。

当日の来場者数は約50,000名(主催者発表)でした。
フライトプログラムは、
・08:25~08:50
T-4×2機、第23飛行教育航空隊のF-15J×2機、第305飛行隊のF-15J×2機、新田原救難隊のUH-60J×1機、U-125A×1機による航過飛行。

・08:55~09:10
U-125A×1機、UH-60J×1機による捜索救難展示。

・09:15~09:30
第23飛行教育航空隊のF-15J×1機による飛行教育展示(訓練飛行等)。

・09:35~09:50
陸上自衛隊第1空挺団によるC-130からの空挺降下。

・10:00~10:15
第305飛行隊のF-15J×2機による防空展示(機動飛行等)。

・10:20~10:35
第8航空団(築城基地)所属のF-2A×1機による防空展示(機動飛行等)。

・10:40~10:55
第501偵察飛行隊のRF-4×2機による飛行展示(機動飛行等)。

・11:00~11:20
PACAF F-16 デモチームによる曲技飛行展示。

・13:05~13:35
第5航空団第305飛行隊、及び飛行教育航空隊による多数機飛行は、悪天候の為中止。

・13:40~15:00
ブルーインパルス
(CRAZY KATO)

新田原2016_1

新田原2016_2

新田原2016_3

新田原2016_4

新田原2016_5

新田原2016_6

新田原2016_7

新田原2016_8

新田原2016_9

新田原2016_10

新田原2016_11

新田原2016_12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《速報》「百里基地創設50周年記念航空祭」

今年は、11月27日(日)に開催されました。
昨年に続き今年も築城基地航空祭と開催日が重なり、今年は百里基地航空祭にブルーインパルスが参加となりました。

今年度、航空自衛隊は南西方面に増加している脅威への対処の一貫として、戦闘機部隊の移動を実施していますが、ここ百里基地の所属部隊も移動対象となりました。

百里基地に所属していたF-15Jを有する第305飛行隊は、8月31日に新田原基地への移動を完了。
そして、1985年に百里基地から新田原基地に移動していたF-4EJ改を有する第301飛行隊が31年ぶりに百里基地に帰って来ました。

今年、基地創設50周年を迎え、F-4EJ改を有する2つの飛行隊が揃った百里基地航空祭は、開催前から注目されていました。

当日は早朝から雨が降っており、来場者が少ないとの予想もありましたが、途中から雨も小降りになり、結果的には大勢の方が足を運びました。
【当日の来場者数:約50,000名(主催者発表)】
フライトプログラムは、
・09:00
T-4×1機、第301飛行隊のF-4EJ改×1機、第302隊のF-4EJ改×1機、第501偵察飛行隊のRF-4×1機、百里救難隊のU-125A×1機による編隊航過飛行。

・09:25~09:35
F-4×9機によるビッグフォーメーション。

・09:45~10:00
地上展示されていた小松基地の第306飛行隊のF-15J×1機よる機動飛行。

・10:00~10:20
第302飛行隊のF-4EJ改×2機によるデモスクランブルと空対地射爆撃。

・10:20~10:50
U-125A×1機、UH-60J×1機による捜索救難展示。

・10:50~12:15
ブルーインパルス
天候不良により編隊航過飛行に変更。

・13:25~13:40
第501偵察飛行隊のRF-4×2機による戦術偵察飛行。

・13:40~14:00
第302飛行隊のF-4EJ改×2機による機動飛行。
(CRAZY KATO)

百里2016_1

百里2016_2

百里2016_3

百里2016_4

 

 

 

 

入間基地航空祭2016

例年通り、11月3日(木)文化の日に開催されました。
今年も快晴となり、最高の航空祭日和となりました。

09時00分~09時05分 中空司令部支援飛行隊のT-4×1機によるオープニングフライト。

09時10分~09時20分 入間基地所属のCH-47J×2機による飛行展示。大きな機体にもかかわらず、軽快な機動飛行を見せてくれました。
09時20分~09時35分 百里救難隊のU-125A×1機とUH-60J×1機による救助飛行展示。
昨今、災害現場への出動が報道され皆さんも良くご存知かと思います。
彼らの現場における安定した活動を支えるものは、日頃からの厳しい訓練です。

09時45分~10時20分 中空司令部支援飛行隊のT-4×5機による飛行展示。(1機、レッドドルフィン塗装機) このT-4のパイロットは、元はF-2やF-15Jの戦闘機を長年操縦していたベテランパイロットです。
本日もキレッキレの操縦でした。

11時05分~11時30分 入間基地所属のC-1×6機とU-4×1機による飛行展示、および飛行展示中に陸自空挺降下。
C-1の飛行展示でいつも驚かされるのは、とても輸送機とは思えない軽快な機動飛行です。これは必見です!

午前中のフライトプログラムはここで終了です。

この時間を使って地上展示機の写真を撮りにエプロンを歩きましたが、どの展示機の前も沢山の人が集まっていました。
特にF-2とF-15Jの前は、より多くの人が集まっており、写真を撮ることが出来ませんでした。
13時05分~14時20分 ブルーインパルスの演技開始です。
第一区分を実施、澄み渡る晩秋の青空に白いスモークが見事でした。
今年もエプロンを埋め尽くした多くの来場者に大きな感動を与えてくれました。

14時35分~ 地上展示されていた小松基地所属、第303飛行隊と第306飛行隊のF-15Jの帰投飛行が始まりました。
それぞれアフターバーナーによるテイクオフ後、基地の東側に旋回。
そして、2機で編隊を組んで再び滑走路上に進入しフライパス。
無事、帰投しました。

本日のプログラムは全て終了しました。

なお、本日の入場者数は、約13万人(主催者発表)でした!

(CRAZY KATO)

入間2016_01

入間2016_02

入間2016_03

入間2016_04

入間2016_05

入間2016_06

入間2016_07

入間2016_08

入間2016_09

入間2016_10

入間2016_11

入間2016_12

入間2016_13

入間2016_14

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《速報》岐阜基地航空祭2016

10月30日(日)、秋晴れのもと開催されました。
今回もブルーインパルスの参加はありませんでしたが、約6万人(主催者発表)の来場者で大いに賑わいました。
特に今回、X-2が一般公開された岐試場格納庫には、開門と同時に長蛇の列が出来ていました。

飛行展示は、当基地所在の飛行開発実験団がオープニングフライト、小編隊と大編隊を実施。
そして、XC-2も飛行展示を実施しました。
また、救難団による捜索救助、小牧基地第1輸送航空隊のKC-767の飛行展示などが実施されました。

〈飛行展示プログラム〉
・08:30~08:50 オープニング
飛実団
T-4×1機、F-15×1機、F-4×1機。
それぞれ単機で離陸後、3機編隊で脚出し
航過飛行を実施。

・09:00~09:20 捜索救助
救難団
UH-60J×1機、U-125A×1機。

・09:30~09:45 航過機動
1輸空
C-130H×1機。

終了後、T-4×1機とXC-2(#201)が離陸。

・10:00~10:35 小編隊
飛実団
T-7×1機、T-4×2機、F-4×2機、F-2×2機、
F-15×2機。

まず、T-7×1機が離陸。次にT-4×2機。
続けてF-2×1機、F-4×1機、F-15×1機、
F-2×1機、F-4×1機、F-15×1機が離陸。

T-4×1機、F-4×1機、F-2×1機による編隊
航過飛行を実施。
次に、T-7×1機、F-2×1機、F-15×1機による
編隊航過飛行を実施。

F-15×1機による機動飛行。
続けて、F-2×1機による機動飛行を実施。

T-4×2機、F-4×2機、F-2×1機、F-15×1機
による編隊航過飛行を実施。

F-15×1機による機動飛行。
F-2×1機による機動飛行。
F-4×2機による機動飛行を実施。

・10:40~10:55 航過機動
1輸空
KC-767×1機。

KC-767がF-2×1機、F-15×1機を従えて編隊
航過飛行。
F-2×1機、F-15×1機が着陸後、KC-767単機
で航過機動を実施。

・11:00~11:20 アクロ
米空軍
F-16×1機。

終了後、XC-2(#201)がフライパス、
タッチアンドゴー、フライパスを実施して
着陸。

・13:40~14:30 大編隊
飛実団
T-4×4機、F-4×3機、F-2×2機、F-15×3機、
XC-1×1機。

まず、XC-1×1機が離陸。次にT-4×2機。
続けてF-4×2機、F-2×2機、F-15×2機が
離陸。
F-15×1機が離陸後機動飛行。
F-4×1機が離陸後機動飛行。

大編隊航過飛行
XC-1×1機、F-4×2機、T-4×2機、F-2×2機、
F-15×3機、合計10機による編隊航過飛行を
実施。

T-4×2機が離陸後、機動飛行。
F-15×1機が機動飛行。

大編隊航過飛行
XC-1×1機、F-4×3機、T-4×4機、F-2×2機、
F-15×2機、合計12機による編隊航過飛行を
実施。

F-2×1機が機動飛行。

大編隊航過飛行
XC-1×1機、F-4×3機、T-4×4機、F-2×1機、
F-15×3機、合計12機による編隊航過飛行を
実施。

XC-1が航過機動を実施。

T-4×4機が着陸。
F-4×3機が着陸。
F-2×2機が着陸。
F-15×3機が着陸。
そして、最後にXC-1が着陸。
(CRAZY KATO)

岐阜2016_01

岐阜2016_02

岐阜2016_03

岐阜2016_04

岐阜2016_05

 

 

 

 

 

 

(速報)「エアフェスタ浜松 2016」《当日》

10月16日(日)、「エアフェスタ浜松 2016」の当日。昨日同様に天候は問題なし…。

08時10分、警戒航空隊のE-767×1機がテイクオフ。

08時20分、オープニングセレモニーが開始されました。

08時30分、第1航空団のT-4×4機によるオープニングフライト。

08時40分、オープニングフライトを務めた第1航空団のT-4×4機が着陸。

08時45分~09時00分、静浜基地からのリモートによるT-7×2機による機動飛行。

09時05分~09時20分、岐阜基地からのリモートによるF-4EJ改×1機の機動飛行。

09時30分~09時40分、同じく岐阜基地からのリモートによるF-2A×1機の機動飛行展示。

09時45分~10時00分、既に離陸していたE-767の航過飛行。

10時05分~10時20分、小松基地からのリモートによる第306飛行隊のF-15J×2の機動飛行展示。

10時25分、第1航空団所属のT-4×10機が2機ずつテイクオフ。

10時30分~10時50分、浜松救難隊のU-125AとUH-60Jによる救難展示。

11時00分~11時25分、T-4×10機の編隊航過飛行・機動飛行。

これにて、午前中のフライトプログラムは終了。

13時20分、ブルーインパルスのウォークダウン開始。

13時45分、ブルーインパルスの演技開始。

14時40分、ブルーインパルスの演技が終了。

終了後も、ブルーインパルスのパイロットがサインをする等、閉門ぎりぎりまで来場者と交流を図っていました。

ちなみに、来場者数は13万5千人(主催者発表)でした。

(CRAZY KATO)

浜松・当日_1 浜松・当日_2 浜松・当日_3 浜松・当日_4 浜松・当日_5 浜松・当日_6 浜松・当日_7 浜松・当日_8 浜松・当日_9 浜松・当日_10 浜松・当日_11 浜松・当日_12 浜松・当日_13 浜松・当日_14 浜松・当日_15 浜松・当日_16 浜松・当日_17 浜松・当日_18 浜松・当日_19 浜松・当日_20 浜松・当日_21

 

 

 

 

(速報)「エアフェスタ浜松 2016」《前日見学会》

本日、10月15日(土)に「エアフェスタ浜松2016」の前日見学会が開催されました。

この前日見学会は、「エアフェスタ浜松」の開催日当日が多数の来場者で、障がい者の皆様がゆっくり見学できないため設けられたものです。

本日のスケジュールは以下の通りです。

●時間 ・・・ 12時00分~15時00分
●内容 ・・・ ブルーインパルス. T-4×6機。
以上による訓練飛行展示。

(※詳細は、航空自衛隊浜松基地のホームページをご覧ください)
https://www.mod.go.jp/asdf/hamamatsu/index.html

さて、天候は早朝から快晴で、絶好のフライト日和となりました。

13時15分、ブルーインパルスの演技開始。

13時40分、曲技飛行開始。
途中、会場上空の雲の影響で幾つかの演技科目が変更されましたが、無事に実施されました。

14時05分、全機着陸。

ブルーインパルスの演技が終了した後のエプロンでは、パイロット達と障がい者の皆さんが和やかに交流を図られていました。

15時00分、前日見学会終了。
明日も、天気は最高のようです。

(CRAZY KATO)

浜松・前日_1 浜松・前日_2 浜松・前日_3 浜松・前日_4 浜松・前日_5 浜松・前日_6