新田原エアフェスタ2017 《番外編:焼酎・百年の孤独》

新田原エアフェスタの前日、12月2日(土)午前中に宮崎空港に到着しました。

早速、近隣の酒蔵巡りをしたいと思います。今回目指すは、宮崎県児湯郡高鍋町大字北高鍋776、黒木本店(くろきほんてん)。
当蔵が醸す麦焼酎「百年の孤独」は、大変人気があります。

黒木本店は、焼酎造りに並々ならぬ強い思いを持っています。
「黒木本店は農業から焼酎造りを始めます。
土地を耕し、種を蒔き、栽培から収穫まで
すべてを自分たちの手でおこなうのです。
さらに製造過程で生じる廃棄物は有機肥料として
有効利用し、自然の恵みを自然に還す。
それが黒木本店の焼酎造りです。
焼酎は人と人を繋げ、その人生を豊かにする。人を結ぶ。心をほどく。それこそが黒木本店の大義です。」と記されています。
(黒木本店の公式HP「http://www.kurokihonten.co.jp/shochu/」より)

空港から黒木本店までは高速道路で1時間ほどで着きました。事務所内に入ると「百年の孤独」の他、主力商品の焼酎が展示されているのが目に入ります。
社員の方から主力商品の焼酎についての説明を受けましたが、
「百年の孤独」は、当地、高鍋町出身の歌手、女優である今井美樹さんが某テレビ番組で「皇太子様が百年の孤独で晩酌をされている…」との話しをされてから、一気に全国区になったそうです。
ここでは展示されている主力商品の試飲も出来ます(当然ながらレンタカーで移動している私はパス)が、小売販売をしていないので、黒木本店を後にしました。

(CRAZY KATO)

 

《速報》新田原エアフェスタ2017

今年の航空祭は、12月3日(日)に開催されました。

今回は基地開庁60周年を迎え、基地所属の戦闘機などによる飛行展示。陸海空自衛隊、戦闘機等の装備品の地上展示。米軍機による曲技飛行展示。そして、ブルーインパルスによる曲技飛行展示を実施。
また、花自動車など各種アトラクションや多数の売店出店など、工夫を凝らしたイベントが開催されました。

なお、基地開庁60周年音楽祭や記念式典も同時に開催されました。
ちなみに、来場者は約5万3千人(主催者発表)でした。

飛行展示は、以下の通り。

新田原基地所属全飛行部隊のオープニングフライトに始まり、捜索・救難展示と機動飛行展示などを実施。
また、築城基地第8航空団所属のF-2Aによる機動飛行。百里基地、偵察航空隊のRF-4Eによる訓練飛行。
そして、米空軍三沢基地所属「PACAF Viper Demo Team」、ブルーインパルスによる曲技飛行展示が実施されました。

〈飛行展示プログラム〉
・08:25~08:50 オープニング
第5航空団、第305飛行隊および飛行教育航空隊
T-4、F-15J、F-15DJ。

・08:55~09:10 教育
飛行教育航空隊による飛行教育展示(訓練飛行等)
F-15DJ×2機。

・09:15~09:30 航空作戦
第5航空団、第305飛行隊による防空展示(機動飛行等)
F-15J×2機。

・09:40~09:55 航空作戦
第8航空団による防空展示(機動飛行等)
F-2A×1機。(築城基地所属、第6飛行隊)

・10:05~10:20 偵察隊
偵察航空隊による飛行展示(訓練飛行等)
RF-4E×1機。(百里基地所属、第501飛行隊)

・10:25~10:40 空挺
陸上自衛隊第1空挺団による空挺降下
C-1×1機。

・11:10~11:25 アクロバット
米空軍機による曲技飛行展示
F-16×1機。(米空軍 三沢基地所属、PACAF Viper Demo Team)

・13:05~13:35 多数機
第5航空団、第305飛行隊および飛行教育航空隊による多数機飛行
F-15J、F-15DJ。

・14:05~14:45 ブルーインパルス
第4航空団、第11飛行隊による曲技飛行展示
T-4×6機。

(CRAZY KATO)

 

2017航空祭 in KOMATSU 《番外編:日本酒・手取川》

9月18日(月)、「2017航空祭 in KOMATSU」の開催中止により、航空自衛隊小松基地周辺の酒蔵巡りをしています。
車多酒造の次に目指すは、石川県白山市安吉町41、吉田酒造店(よしだしゅぞうてん)です。
吉田酒造店は「手取川」(てどりがわ)で有名な酒蔵です。

吉田酒造店は、
「明治初期の1870年(明治3年)に創業した歴史ある酒蔵です。」

「地域の風土と伝統文化に培われた手取酒を継承し、高品質・高品格な酒造りを通じてお客様の満足と社員とその家族の幸せを目指します。」
を経営理念とし、
「『一滴入魂』、お客様に美味しい酒を飲んで頂くため、一本の酒にどれだけ思いを込められるか挑戦しています。仲間との楽しい一時や、一歩引いたところで美味しい料理をより引き立てる酒を提供します。」
(吉田酒造店のHP http://tedorigawa.com/より)

酒造りの村「山島村」から手取川の本流を目指して酒造りをされています。

酒蔵に到着し、蔵内にある直売所で「手取川」(純米大吟醸)を購入しました。

(CRAZY KATO)

 

2017 航空祭 in KOMATSU 《番外編:日本酒・天狗舞》

9月18日(月)、「2017航空祭 in KOMATSU」の開催中止により、航空自衛隊小松基地周辺の酒蔵巡りをしています。
菊姫酒造の次に目指すは、石川県白山市坊丸町60番地1、車多酒造(しゃたしゅぞう)です。
車多酒造は「天狗舞」(てんぐまい)で有名な酒蔵です。

車多酒造は、
「江戸後期の1823年(文政6年)に創業した歴史ある酒蔵です。
『飲んで旨い酒を醸し、能登杜氏の手造りの文化を継承します。』他、8つの基本理念を掲げて酒造りに取り組んでいます。」
(車多酒造のHPhttp://www.tengumai.co.jp/kuraより)

酒蔵に到着し、蔵内にある直売所に向かいましたが、人影がありません。どうやら、お休みのようです…。諦めて帰ろうとした時、声を掛けていただいたのが専務の奥様でした。
そして、奥様から少しだけお話しをお伺いできました。
『当社は約二百年ほどの歴史がある酒蔵ですが、「天狗舞」を主力商品として、永年、拘(こだわ)りを持って酒造りをしています。
近年は「五凛」ブランドにも力を入れています。「天狗舞」は山廃仕込を中心とした味わい深い熟成したタイプのお酒ですが、一方「五凛」は優しく飲めるタイプの食中酒です。』

また、
『最近、飲酒しない若い人が増えていますが、私たち蔵元は、そんな若い人に日本酒の美味しさを知ってもらうため、全力を尽くすことが必要だと感じています…。』
との専務の強い思いから、「五凛」ブランドを立ち上げられたそうです。

と言う事で、お薦めの「GoRIN・五凛」を購入しました。
お休みにもかかわらず、大変丁寧なご対応をいただき、ありがとうございました。

(CRAZY KATO)

 

2017航空祭 in KOMATSU 《番外編:日本酒・菊姫》

9月18日(月)、「2017航空祭 in KOMATSU」の開催中止により、航空自衛隊小松基地周辺の酒蔵巡りをしています。

白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)に続けて「菊姫」(きくひめ)、「車多酒造」(くるまだしゅぞう)、そして「吉田酒造店」(よしだしゅぞうてん)の順番で巡って行きます。

まずは、石川県白山市鶴来新町タ8番地、菊姫合資会社(きくひめごうしがいしゃ)です。

菊姫合資会社は、「菊姫」(きくひめ)で有名な酒蔵です。

菊姫合資会社は、
『安土桃山時代の天正年間(1570~1600)に、屋号「小柳屋(おやなぎや)」として創業した大変歴史のある酒蔵です。
昭和43年、全国清酒鑑評会で2年連続金賞受賞、「菊姫大吟醸」発売。
昭和58年、山廃酒母を復活させ、「山廃仕込純米酒」を発売。
平成19年、「鶴乃里」がIWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)2007にて初代チャンピオンサケを受賞。』
世界的にも有名な日本酒蔵へと成長して行きました。
そして、菊姫の最高銘柄が「菊理媛」(くくりひめ)です。

『「菊理媛」は、白山比咩神社の御祭神の御名を戴く、菊姫の最高峰。極上の吟醸酒だけを厳選し、さらに十余年間ゆっくりと寝かせ、歳月をかけて磨き上げました。』
(菊姫合資会社のHP https://www.kikuhime.co.jp/より)

酒蔵に着き、直営の小売部に行きました。
お薦めの商品をお聞きしたところ、
『やはり山廃の商品ですが、2007年に開催された「I・W・C(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)」のSAKE(日本酒)部門で初代チャンピオン・サケ(最優秀賞)を受賞した「鶴乃里」がお薦めですよ。』
とのことで、同品を購入しました。

(CRAZY KATO)

 

2017航空祭 in KOMATSU《番外編:白山比咩神社》

9月18日(月)、「2017航空祭 in KOMATSU」の開催中止により、航空自衛隊小松基地周辺の酒蔵巡りをしています。

次に目指すは、石川県白山市鶴来新町タ8番地、菊姫(きくひめ)ですが、ただその前に、どうしても立ち寄るべき場所があります…。
それは石川県白山市三宮町ニ105-1、白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)です。

白山比咩神社は、『石川、福井、岐阜の3県にわたり高くそびえる白山は、古くから霊山信仰の聖地として仰がれてきました。ふもとに暮らす人々や遥かに秀麗な山容を望む平野部の人々にとって、白山は聖域であり、生活に不可欠な“命の水”を供給してくれる神々の座でした。
やがて山への信仰は、登拝という形に変化し、山頂に至る登山道が開かれました。加賀(石川県)の登拝の拠点として御鎮座二千百年を越える当社は、霊峰白山を御神体とする全国白山神社の総本宮です。

ご祭神は、白山比咩大神(しらやまひめのおおかみ)=菊理媛尊(くくりひめのみこと)、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、伊奘冉尊(いざなみのみこと)。
全国の白山神社の総本宮である白山比咩神社の「白山比咩大神(=菊理媛尊)」も「日本書紀」に登場する女神の一人です。』

{この「菊理媛尊」の名を冠したのが菊姫酒造の最高峰のお酒が「菊理媛」(くくりひめ)です。}

『崇神天皇(すじんてんのう)7年(前91)、本宮の北にある標高178mの舟岡山(白山市八幡町)に神地を定めたのが創建と伝わります。
応神天皇(おうじんてんのう)28年(297)には手取川の河畔「十八講河原」へ遷り(うつり)ましたが、氾濫のためしばしば社地が崩壊するので、霊亀2年(716)に手取川沿いの「安久濤の森」に遷座しました。
文明12年(1480)の大火によって、40余りの堂塔伽藍がことごとく焼失し、末社三宮が鎮座していた現在地へ遷りました。』
(白山比咩神社のHP http://www.shirayama.or.jp/hakusan/info.html

ここからすぐ近くに「菊姫酒造」がありますので、参拝を済ませてから移動します。
ちなみに、手取川沿いには「車多酒造」と「吉田酒造店」がありますので、続けて訪れたいと思います。

(CRAZY KATO)

2017航空祭 in KOMATSU 《番外編:日本酒・梵》

9月18日(月)、誠に残念ながら今年の「2017航空祭 in KOMATSU」は台風の影響で開催中止が早々に決定されました。
気象予報よりも早く台風が通過したため、天候も急速に回復しました。

昨日に続き、今日も近隣の酒蔵巡りをしたいと思います。
まず目指すは、福井県鯖江市吉江町1号11番地、加藤吉平商店(かとうきちべえしょうてん)です。
加藤吉平商店は、「梵」(ぼん)で世界的に有名な酒蔵です。

加藤吉平商店は、
『1860年、それまで両替商・庄屋だった先祖が日本酒製造を開始。
それまで最高級のお酒だけに「梵」の名前を冠していましたが、昭和38年にお酒の名前をすべて「梵」に統一、昭和41年に国内で正式商標登録されました。』

当蔵には、「受け継いできた三つのこだわり」があり、
『一、変わらぬ手造り 無添加の純米酒だけを』
『二、透きとおった味わい 国内トップクラスの磨き』
『三、芳醇な香りとなめらかな口当たり 氷温熟成』
酒造りに並々ならぬ想いを込めています。

『昭和43年、日本初の市販大吟醸酒を試験的に発売を始めました。
昭和44年、商品として日本で初の大吟醸酒「梵 超特撰デラックス」を新発売。』

『1998年、カナダ・トロントで開催された国際酒祭りにおいて「梵・氷山(ICE BERG)」が第1位グランプリを受賞しました。これを端緒として全米日本酒歓評会やインターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)など品評会で次々と賞を獲得、海外で開催された世界的酒類品評会において数多くの最高賞に輝いています。』

『2000年7月、ロンドンで開催された国際酒祭りで「梵・吟の翼」が第1位グランプリを受賞、これを記念して同年12月「日本の翼(WING OF JAPAN)」に商標変更しました。』
(加藤吉平商店のHP http://www.born.co.jp/より)

以降も世界的なコンテストで数々の賞に輝き続けています。

酒蔵に着きましたが、シャッターが降りています。
今日は月曜日ですが、祝日ということでお休みのようです。

(CRAZY KATO)

 

2017航空祭 in KOMATSU 《番外編:日本酒・黒龍》

9月18日(月)、「2017航空祭 in KOMATSU」の開催中止により、航空自衛隊小松基地周辺の酒蔵巡りをしています。

次に目指すは、福井県吉田郡永平寺町松岡春日1-38、黒龍酒造(こくりゅうしゅぞう)です。
黒龍酒造は、「黒龍」(こくりゅう)で有名な酒蔵です。

黒龍酒造は、
手造りへの思い
黒龍酒造の前身にあたる石田屋は、初代石田屋二左衛門により江戸の文化元年(1804年)、永平寺町松岡に創業されました。この地は、かつて松岡藩が酒造りを奨励産業に指定するほど良水に恵まれた処であり、そこで200年以上にわたって手造りの酒造りを継承しております。当蔵では、歴代の蔵元が残した「良い酒を造れば、人は必ず支持してくれる」という言葉を信念に、伝統の酒造りを守り、生産量は追わず、常に品質の向上に取り組んでいます。』

また、
商品への思い
手塩にかけて育てたお酒は、まるで我が子のように思えます。ラベルを貼り、化粧箱に入れて商品を出荷する時には、自分の娘に綺麗な着物を着せて嫁に出すような気持ちになるものです。1本1本、丁寧に仕上げられた商品は、冷蔵管理の行き届いた酒蔵の中で出荷の時を待ち、各地へと旅立っていきます。また、手造りゆえ1醸造期に仕込めるお酒の量は限られているため、商品によってはお客様にご迷惑をお掛けしていることを、心よりお詫び申し上げます。』
(黒龍酒造のHP http://www.kokuryu.co.jp/より)

「黒龍ブランドストーリー」を謳い、酒造りに取り組んでいます。

酒蔵に着き「黒龍酒造 蔵元直営小売店 石田屋」にて、お目当ての品々を購入しました。
ちょうど蔵元の奥様がおられ、大変丁重な対応をしていただきました。

(CRAZY KATO)

 

2017航空祭 in KOMATSU 《番外編:日本酒・勝駒》

小松基地航空祭の前日、9月17日(日)午前中に小松空港に到着しましたが、天気は良くありません。
今年は台風が直撃しそうで、明日の開催が危ぶまれます。
これだと、本日のブルーインパルスの予行訓練飛行も無理かもしれません…。

さあ早速、近隣の酒蔵巡りをしたいと思います。
目指すは、富山県高岡市京町12-12、清都酒造場(きよとしゅぞうじょう)です。
清都酒造場は富山県の地酒「勝駒」(かちこま)で有名な酒蔵です。

清都酒造場は、
「明治39年創業。日露戦争の戦勝を記念にして、醸した日本酒を勝駒と命名。創業以来の酒蔵にて「不容偽」(偽りを容わず)をモットーに酒造りをしております。
平成12年に蔵の建物は国の有形文化財に登録され、古きよき酒蔵の風情が残っています。
すべての商品において、やさしい香りとさらっとした飲み口、米のうまみが生きています。毎日の家庭料理に合う酒。生活に根ざした正統派の日本酒を目指しています。
ラベルのロゴは、芸術家 池田満寿夫氏の作品です。」(富山県酒造組合のHP http://www.toyama-sake.or.jp/smarts/index/38/ より)

酒蔵に着きましたが、今日は日曜日ということでお休みのようです。

(CRAZY KATO)